愛知県医師連盟 本文へジャンプ
委員長挨拶


 国民が安心して生活するために重要なものは、社会保障、とりわけ医療の充実であります。我が国の医療の仕組みや診療報酬等、医療を取り巻く制度はそのほとんどが政治の場で決められています。そのために我々専門家である医師は、この国の適切な医療の在り方を常に提言し、国民皆保険制度を守り、国民が安心して最良の医療が受けられるよう努めていかなければならなりません。
  愛知県医師連盟は政治団体として、学術団体である公益社団法人愛知県医師会と協同して、様々な政治活動を通じて意見を提言し、国民のための社会保障・医療制度を更に充実し、発展させるために重要な役割を担っています。
  支持政党として特定の政党を応援するものではありません。党派に関係なく医師会活動に理解のある政治家を応援し、医師の中で志のある政治家を後援していくことにも力を注いでいます。
  愛知県医師連盟は愛知県下郡市区医師連盟の連合会であり、医師会員の中で医師連盟に賛同し会費を納入した会員で組織されています。愛知県選挙管理委員会へ届出をしている政治団体であります。
医師会が目指す医療政策を実現するため、機関紙「医師連盟ニュース」を発行し、医療を取り巻く諸問題について国会議員と医師が討論をする「医政活動研究会」を開催して、国会議員の先生方に医療現場の現状や問題点を訴える等の活動をしています。また、選挙時においては、組織内議員はもとより、推薦議員に対する支援活動を行っています。

 国民・県民が安心して最良の医療を受けられるよう、愛知県医師連盟は愛知県医師会と手を携え、車の両輪として今後も活動を続けていきたいと思っています。



愛知県医師連盟委員長
柵 木 充 明